Archive  RSS  Login

Hassy-Mojo

メモ帳


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: ラーメン  

不法集会

いろんな企画が目白押しで宿題山積。

今回企画はそもそも「知人の素人麺職人が打った麺を試食しよう」ていう簡素なもの。

最近はさっぱりご無沙汰でしたが以前は素人ながらいろいろ工夫して作って楽しんでいた

時期がありましたねー。

またやってみたくなったなあと思った頃に上の企画が持ち上がったのでした。

さて、準備しましょ。

先ず今回こだわってみたかったのが油。
thumbnail_IMG_8417.jpg

ニンニクをラードで揚げていきます。

thumbnail_IMG_8419.jpg

浅く揚げたのと焦げるまで揚げたの二種。

thumbnail_IMG_8431.jpg

それらを混ぜて練ってマー油完成。



こんどはネギ。
thumbnail_IMG_8425.jpg

上ふたつとも揚げたラードが主役です。

こんどはスープ。
thumbnail_IMG_8427.jpg

初めて粗削りを使いました。

なんせ油が強力なので花かつおでは香りや風味が消し飛んでしまうと思っての策。

都合よく鯖、鰹、鰯、3種混合粗削りがあったのでそれを使用。

これでイノシン酸は完璧。

干ししいたけでグアニル酸補充。

thumbnail_38424D13-C606-4AA9-9FE2-B01DE8CA6097.jpg

スープ完成。

で、いざ。

thumbnail_IMG_8455.jpg





材料が出揃いました。

何故か「らぅ麺 純」の麺と極太メンマ、

「中華そば 創」の麺とチャーシュー丸まま一本が・・・(下手に鎮座してる円柱状のものがソレ)。

眩暈がしそうなオールスターが並んでますよー!
(奥のペットボトルは今回初挑戦の自家製タレ)

thumbnail_IMG_8456.jpg


「創」のチャーシューと「純」のメンマ!!
ほんと、目が眩む・・

thumbnail_IMG_8457.jpg

何故こんな時にもっと画像を撮らないのだろう・・

恍惚としすぎて記憶もあまり無い・・

thumbnail_IMG_8465.jpg

楽しい時間はいとも容易く過ぎ去ってしまうのは世の習い・・・。



thumbnail_IMG_8459.jpg

しかしそれは幸せだったことの裏付けなのだ。




スポンサーサイト


Category: ラーメン  

おもてなしのココロ

「いらっしゃいませぇ~い!」と店内に響き渡る元気のよい挨拶は嫌いじゃないです。

しかし一歩間違うとスタッフルームに存在するマニュアルが見え隠れして
萎えること多々あり。
マニュアルなど存在しないかのように振舞う接客はとっても難しいと思います。
また、マニュアルがしっかりしてるな、と関心することもあり。

マニュアルの功罪にふれるつもりはありませんが
気持ちは伝わるということ。

jun.jpg

「純」が好きなのは、いろんなものがでしゃばらないこと。
いつも微笑んでる(笑われてるのか?)ご夫婦の、
この商売に対する真摯な姿勢が伝わってきます。

jun3.jpg

熱意と信念を表に出さず、
いつもニコニコ(何杯も注文するので笑われてるのか!?)と温和な店主。

jun4.jpg

いつもデザートまで。
今度はいつ行けるのかなぁ。




Category: ラーメン  

アンチ ヘルシー宣言!

って今更改めて喧伝するまでもなく
体に悪いコトばかりで自堕落な日々をおくる相変わらずな私。

よってラーメンにも決して健康なぞを求めてる訳ではございません。
しかしながら仮に「これ」を毎日食べて自堕落な生活を送った数年後は想像したくないほど
突き抜けた「これ」は
「ダントツラーメン高松一番店」
da.jpg

「野菜 増し」 「脂 増し」 「にんにく 増し」、 「味 濃い目」


更に「これ」を「大盛り」「肉 増し」にバージョンアップすれば
一日分のカロリー摂取終了てなシロモノ。
破滅への道しるべ。

最早、廃人になってもかまいません・・・・いや
いけません、ああ、いけません、やっぱりいけません。
輸入禁止にすべきです。

他国にあってよかった。




Category: ラーメン  

破門者出る (完結編)

伝説の地、岡山での束の間の昼休憩も終わり、
最終怒涛の総仕上げ。

6  「そばの店」
6.jpg
鶏モミジでここまで出るか!?の程の濃厚さ。
おまけに結構なアクセントの魚粉。
「大将、また来るぞ!」
しかし此処は火曜定休なので「また」はあるのか?。

7  「麺屋 たくみ」
先ずは同志が頼んだ「塩ラーメン」
7.jpg

これを見た途端、「注文を間違った!」と、とっさに未熟さを自覚しながら
私のもとに運ばれてきたのが
「海鮮 塩ラーメン」
8.jpg
見事に海鮮モノが乗っかってます。
想像していたのは「海鮮的なスープのラーメン」でした。
が、しかし、かなり優れた贅沢なラーメンであり、
店主の真面目さがじわりと伝わります。



さあ、最終修行地へ。
やや、まったりとした移動の車中。

一番修行の浅い未熟な同志Tが、この場で決して口にするべきではない反不文律ポツリ。

「ラーメン飽きたな・・。」

それは
修道女が「妊娠しちゃったの」と告白するのと、更には
ローマ法王が「今日のキャバクラどこ?」

っていうのと同等の大罪。

その道には決して戻れない重大な過ちを、この同志は犯してしまいました。

よって破門!「Tよ。」

この重い空気を作り出した責任を感じないのがやはり当事者であり、
破門も「さもありなん」。



8  「麺屋 威風堂々」の「常夜そば」
10.jpg
ここは本来こってり系が得意な所のようですが、もうこれしか出来ないと。
あっさりと締めくくりには心地良い優しさ。

今回も「それ」以外は実に有意義な修行であり
「彼」以外は一歩、更なる悟りに近づけたと思われます。



Category: ラーメン  

破門者出る (その2)

ここ岡山は、過去の修行訪問時に・・。

同志E   「ここらでちょっと一休みでコーヒーでもどう?」
同志G  「コーヒー飲む腹があるならラーメンのスープを飲め!」

と今に伝わる名言が生まれた由緒正しい伝説の地。

その地に相応しい朝食
4 「天神」
4.jpg
此処はすでに殿堂入りといっても過言ではありますまい。
でありながらも現役行列の出来る店!



続けざまの昼食には
5 「ダントツラーメン」
5.jpg
画像は「小」ですが量は「一般の普通」。
しかも全体のインパクトは「一般の普通」とは比較対称外の「べらぼう」な規格。
今度は「増し 増し 増し」でお願いしたい。

ここでひと時、昼休憩に突入。

(続く)



Category: ラーメン  

破門者出る (その1)

ラーメンは

煩悩を増やすのか?
煩悩を滅するのか?

滅すると信じる固い意志をもった同志4名が
今回の修行先に選んだのが6年ぶりの
「岡山」。
今般の修行は厳しさにおいては過去のそれを遥かに上廻る、まさに荒行。



1 「支那そば 花」
1.jpg
つゆが暖かく、麺は冷たいという一般の逆。
鴨せいろが元ネタと思われます。
この意外性が吉か凶か? 
浮ぶクコの実が吉か凶か?


2 「丸天」
2.jpg
老舗ですが一時閉山しておりました。
代替わりにて再開。
無骨さは継承されております。


3 「らぁめん 丈」
3.jpg
「良いですなぁ。」などと思うのも束の間。
隣りの常連と思しき客が、つけ麺の食後に「替え玉 平うち麺で!」
と唱えるのを聞くに及び「修行が足らん!」と悟りました。

いや奥が深い。

(続く)


Category: ラーメン  

細君6

  「あら? 貴方、お口のお髭、お剃りになったのでせうか?
   そちらの方がほうが清潔感があってよろしいですわ。」

  「ヲイ、君!私は顎髭を生やしてずいぶんになるが
   口髭を生やしたことは一度たりとも無いぞ!」

  かように年月とともに興味が無くなるようでございます。
  細君が髪を切ってるのに気付いても指摘しないし、
  「髪を切ったの、お分かりになります?」
  と問われても
  「分からん。」
  とこたへるのみである。


さて、予ねてからの懸案、「らあめん花月」の”嵐げんこつらあめんモンスター”。
師匠の教え通り
 
味      濃い目
麺      硬め
脂      多め
トッピング  煮玉子(師匠は「モヤシとすべし」と仰せでしたが
             スープが薄まる危険があるのと、
             この後の食事(!?)のことを考え合わせての選択) 
        
のオーダーにて。

後のアレンジは
ラーメンダレをレンゲ2杯
そうして師匠超え
91.jpg

にんにく6片!クラッシュ!
hana.jpg
 

ここまでくるとジャンク極まれり。
大量のラーメンダレとにんにくとで本来の味噌の風味もナニもありません。
中毒性大!!

にんにくの「香り」成分により「興味がない」から「嫌い」に格上げ必至。

夫婦仲を壊したい方におすすめレシピ。



プロフィール

hassy

Author:hassy
酔っ払いのたわごとに
付き合ってクレルノ?

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。