Archive  RSS  Login

Hassy-Mojo

メモ帳


 
Category: オートバイ  

TY50改80最終か?

いろいろと改悪してきたのですが

今回、MRの最終型フロントフォーク、ホイル交換で

一通り考えてた事は終了です。

足掛け4年。

元ネタ
1 (1)

最終形
thumbnail_IMG_9369.jpg

タンクが相対的に小さく見えるのは

ちょっとずつ大きいのや長いパーツを使ってるからで

そこは目論見通り。

あまり弄ってるように見えないのは

大部分が同時期のヤマハ車の純正流用だから。

元のモノはフレイムとスイングアーム、オイルタンク、エアクリーナー廻りと灯火類。




後、やることがあるとするとビッグキャブ化か?



スポンサーサイト


Category: 音楽  

パパッチョ ボンゴ

以前、ご当地に嵐のようにやってきた「冷やしキューバ始めました」ツアーご一行。

その一人、イサックデルガードのコンゲイロ、パパッチョ・サボンの楽器です。

いわゆるキューバンスタイル。

thumbnail_IMG_9278.jpg


ちょいと使わせていただく事になりまして。

わたしの楽器と比較。

thumbnail_IMG_9274.jpg



わたしのは大手メーカーの廉価版で一般的サイズよりちょい小さ目です。

ほぼ同じサイズ。



実際演奏してみるとまぁ鳴らない。

なんとコンガ用フラットスキンを張ってます。

わたしの楽器と比較。
thumbnail_56C94CEC-7943-490F-8F1E-45620B2A2C9D.jpg

3倍以上はあろうかってくらい分厚い皮!

ボンゴはかなり高い音を出すので通常は薄い皮を張ります。

ドラムは体格じゃないと信じてますが皮モノはねー。

手が楽器みたいなもんですから。




わたくしの貧相な体格と比較していただくと・・・。

thumbnail_IMG_9247.jpg

センターで失礼いたしました。


Category: ラーメン  

不法集会

いろんな企画が目白押しで宿題山積。

今回企画はそもそも「知人の素人麺職人が打った麺を試食しよう」ていう簡素なもの。

最近はさっぱりご無沙汰でしたが以前は素人ながらいろいろ工夫して作って楽しんでいた

時期がありましたねー。

またやってみたくなったなあと思った頃に上の企画が持ち上がったのでした。

さて、準備しましょ。

先ず今回こだわってみたかったのが油。
thumbnail_IMG_8417.jpg

ニンニクをラードで揚げていきます。

thumbnail_IMG_8419.jpg

浅く揚げたのと焦げるまで揚げたの二種。

thumbnail_IMG_8431.jpg

それらを混ぜて練ってマー油完成。



こんどはネギ。
thumbnail_IMG_8425.jpg

上ふたつとも揚げたラードが主役です。

こんどはスープ。
thumbnail_IMG_8427.jpg

初めて粗削りを使いました。

なんせ油が強力なので花かつおでは香りや風味が消し飛んでしまうと思っての策。

都合よく鯖、鰹、鰯、3種混合粗削りがあったのでそれを使用。

これでイノシン酸は完璧。

干ししいたけでグアニル酸補充。

thumbnail_38424D13-C606-4AA9-9FE2-B01DE8CA6097.jpg

スープ完成。

で、いざ。

thumbnail_IMG_8455.jpg





材料が出揃いました。

何故か「らぅ麺 純」の麺と極太メンマ、

「中華そば 創」の麺とチャーシュー丸まま一本が・・・(下手に鎮座してる円柱状のものがソレ)。

眩暈がしそうなオールスターが並んでますよー!
(奥のペットボトルは今回初挑戦の自家製タレ)

thumbnail_IMG_8456.jpg


「創」のチャーシューと「純」のメンマ!!
ほんと、目が眩む・・

thumbnail_IMG_8457.jpg

何故こんな時にもっと画像を撮らないのだろう・・

恍惚としすぎて記憶もあまり無い・・

thumbnail_IMG_8465.jpg

楽しい時間はいとも容易く過ぎ去ってしまうのは世の習い・・・。



thumbnail_IMG_8459.jpg

しかしそれは幸せだったことの裏付けなのだ。





Category: 映画  

山の音

山村聰が演じる初老の父親と同居する息子、上原謙と嫁の原節子。

息子は外に愛人を作り、家庭を顧みない。

そしてその事を承知している父親。
その贖罪のつもりなのか、道ならぬ思慕の情なのかなんともつかない感情から優しく嫁に接し、嫁も寂しさからかなんとなくそれを受け入れる。

物語は淡々と進行し、激する場面があるわけではありません。
初老の父親に年齢が近いせいかそちらに感情移入してしまって身につまされるようでいて嫁に切ない感情をいだいてしまう私。

地味ながら複雑な役柄を噛みしめるような演技で見せる俳優陣。
良い映画でした。


何の違和感も無く見終わったのですがさて、山村聰と上原謙って年齢はどうだったのか調べてみましたところ、なんと父親役の山村聰が上原謙の一歳年下だったことが判明!

昔の役者さんってすごい。

thumbnail_IMG_8374.jpg



Category: 音楽  

新曲制作絶賛進行中

人間の能力は簡単に3つで説明できます。

すなわち
1.演算処理能力(事務処理能力)
2.創造力
3.コミュニケーション能力

この3つは独立して発揮される場合もあるでしょうが

密接に関係している場合がほとんどです。

これを現在進行中の新曲制作において検証してみましょう。

まず頭にメロディーが浮かびます。

これは一般には創造力が発揮される場面ですがそれだけではありません。

ゼロからモノが作れるほど才能に恵まれないわたしは過去のいろんな楽曲にインスパイア

されてメロディーが出てきます。

これは引き出しからナニかをほじくりだす出す事務処理能力ですね。

そうして鍵盤楽器へ落とし込みます。これも事務処理能力です。

次に楽譜に落とし込む事務処理能力が必要なのですがこの能力はわたしにはありませんの

でコミュニケーション能力を駆使してその事務処理能力のある人に依頼するわけです。

実際メンバーと音出しして楽曲を完成させるためには先の3つを総動員しないといけません。

そのような経緯を経て現在数曲が進行中です。

e0118329_23152755.jpg





Category: 春光亭  

春に因んで

私が最も好む春の風景。

それは咲き乱れる桜、ではなくって歩くランドセルの隊列です。

その風景にむけてもう前哨戦たる光景が見られます。

すなわち、近所の洋服屋さんへ喜々とした表情で制服を買い求めに行く親子の姿。

以前は母と息子の組み合わせにのみキュンキュンしておりましたが今や性別関係なく

この年代の親子全てにキュンキュンしてしまいます。

もちろん自然への畏敬の念はありますが最近は特に人間の営みを想像させるものに勝手に

感動してしまう傾向が強くなりました。



4月が楽しみです。






さて、もうご周知いただいてると思いますが現在、春光亭劇場は休演中です。

演目「独り芝居」は変更になると思われますが再開のメドは現在のところ立っておりません。

再開の折はふるってご来場くださいますようお願いいたします。

(本文とは関係ございません)
thumbnail_IMG_7981.jpg






Category: 春光亭  

春光亭劇場ご案内

劇場概要

〇駐車場有   約8台 (近隣大型商業施設の駐車場ご利用はご遠慮ください)

〇席数     約30席(立ち見あり)

〇開演時間   昼の部11:00~14:30  夜の部 18:00~21:00

〇演目     独り芝居 (ほぼ演目の変更はございません。)
  
注1) ご入場まで1時間ほど要する場合があります。
注2) ご入場いただくとチケットは容易に購入できます。
注3) ご着席いたくと忽ち独り芝居をお楽しみいただけます。
注4) 場合によっては芝居に自主的にご参加ください。
注5) 上演中はヤジ、罵声等発せられないようお願いします.
(ご退場いただく場合がございます。)
注6) 演目が1時間半ほどに延長される場合がございます。

 以上の留意点をご考慮いただき是非ご来場ください。

注7)上記留意点をお守りいただきますとお帰りの際に世にも美味なるラーメンをお召し上がりいただけます。


IMG_7900.jpg



IMG_7859.jpg


プロフィール

hassy

Author:hassy
酔っ払いのたわごとに
付き合ってクレルノ?

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索